事例にみる優秀サイトのポイント

2018.02.26

StichFixの子供版、見事に子供を持つ親のニーズを捉えたサブスクリプションEC「Rockets of Awesome」

gfsdg

ファッションECサイトの最大の欠点は試着ができないことである。

以前に記事でご紹介したStichFixはその欠点をカバーしたファッションECサイトだ。

StichFixのECサイト上で質問に回答するとStichFixのスタイリストが自分好みの服を5アイテム選んでくれる。5アイテムを試着し、購入したい服はそのまま購入できる。購入したくない場合は返送用の袋に服を入れてポストに投函するだけで簡単に返送できる。

このStichFixの利用メリットは自分の好みに合った服を提案してくれること、家にある他の服と合わせることができること、買い物にわざわざ店頭まで行かなくても良いことだ。

今回、StichFixの子供版とも言えるECサイトRockets of Awesomeをご紹介しよう。2016年に米国ニューヨークにおいて設立され、これまでに1950万ドルを調達している。

 

忙しい親向け、子供服を購入できるECサイト

2011年創業のStichFixは2016年には5億ドル(555億円)以上の売上を挙げており、非常に人気のあるサブスクリプションモデルのECサイトである。StichFixは、キャリアウーマンである女性創業者が忙しい女性が空いた時間にパパっと、しかしぴったりの服を購入できるサービスがあればウケるだろう考えスタートさせた。

一方、Rockets of Awesomeは忙しい親が家に居ながらにして子供にぴったりの服が定期的に配送されるサブスクリプションモデルのECサイトである。

 

hdf

Rockets of Awesome起業以前、創業者のRachel Blumenthal氏は乳児に必要な商品を販売するECサイト「Cricket’s Circle」を運営すると同時に子育てもしていた。Rachel氏にとって忙しい中で子供の服を購入する時間を捻出するのは容易ではなかった。

子供の服を購入するには親が子供と一緒に店舗に行って服を購入するのが一般的だろう。大人と異なり子供は毎シーズンごとに身長も伸びて服を買い替える必要に迫られる。Rachel 氏は「Cricket’s Circle」の運営を通じて自分だけでなく世の中の親にとっても子供の服選びが結構な負担となっていることを知った。そこで子供を持つ親向けにStichFixの子供版とも言えるサービスを始めることにしたのだ。

 


 

Rockets of Awesome利用の流れ

まず、ユーザーはRockets of AwesomeのECサイト上で以下の質問に回答する。

子供の

・生年月日

・サイズ

・好みのカラー

 

hf

上の写真のように「好みのカラー」を親と子供とが一緒に選ぶことを想定しているのだろう。カラーが可愛らしいアイコンと併せて表示されている。

 

・嫌いなカラー

・嫌いな服

 

hfd

・好みのパターン

・嫌いなパターン

・子供の雰囲気に近い服のイメージ

 

hfd (2)

・ネオンカラーを着るか
・文字付きシャツを着るか

これら上記の質問への回答を基に子供の好みの服やアクセサリーなどのアイテムが8つ選ばれる。
 

シーズンごと年に4回、8つのアイテムの詰め合わせボックスがユーザーの自宅に届けられる。

ユーザーは購入する場合はその服を購入できる。購入したくない服は返送用の袋に入れてポストに投函するだけで簡単に返送できる。8点すべて購入すれば150ドル、それぞれのアイテムの価格帯は16~50ドルとのことだ。また服以外の料金として利用料が20ドル課金される。

Rockets of Awesomeは過去に収集した大量の購買データを基に独自のアルゴリズムを組んでいる。そのアルゴリズムが子供の好みに合ったアイテムを選出している。

見事に「子供を持つ親」のニーズを捉えたRockets of Awesome

ECサイト上のレビューでは

「感動するサービス。私は子供の服を買うときは選り好みするけど、Rockets of Awesomeの詰め合わせは最高だわ。ホント子供にぴったりなの。」

「子供と私はいつも詰め合わせが届くのを楽しみにしてる。届くのを家で待ってるだけでらくちんだわ。子供はシーズンごとに自分オリジナルの詰め合わせが来るのをすごく楽しみにしてるの。詰め合わせの箱を開ける瞬間がたまらないようね。息子はその箱を旅行鞄に使っているくらいなのよ。」

サブスクリプションモデル以外にもRockets of Awesome独自の特徴がある。それはRockets of Awesomeが自社で服をデザインしていることだ。それは、ファッショナブルな子供服がなかなか見当たらないという親の意見を反映してのことだ。

商品そのものの良さと家にいながらにして子供にぴったりの服を試着できるサブスクリプションモデルの2軸を備えたRockets of Awesome。見事に子供を持つ親のニーズを捉えている。

TOPへ戻る