事例にみる優秀サイトのポイント

2017.09.01

アウトドアをもっと身近に、レッドオーシャン市場で急成長を遂げたアウトドアブランドPoler

Poler Stuff (1)

https://www.polerstuff.com/

パタゴニア、コロンビア、ノースフェイスなどアウトドア市場にはすでに有名ブランドが多数存在し、しのぎを削りあっている。一見、新規参入できるような市場とは思えない。

しかし、そんなレッドオーシャンといえる市場にこそチャンスはあるのかもしれない。2011年に米国ポートランドで創業したPoler(以下ポーラー)は、わずか数年で広く名の知られるアウトドアブランドに急成長した。米国のみならず日本でも徐々に人気が出てきているようだ。

本記事では、ポーラーがいかにしてレッドオーシャンに参入し成功を収めたのかその軌跡をまとめた。

 

アウトドア通ではない新たな顧客層を開拓

ポーラーはどのようにして、レッドオーシャンといえるアウトドア市場で短期間のうちに広く名の知られるブランドに成長できたのか。ポーラーに潤沢な資金があったわけではない。最大の理由は既存のブランドがターゲットとしていなかった顧客層をポーラーが開拓したことにあるだろう。

 

45-benji-wagner-1

https://hypebeast.com/the-hypebeast-hundred-2014/benji-wagner

ポーラーの創業者Benji Wagner氏(ワグナー氏)は長年、スノーボードやサーフィン等のプロスポーツのアクティブシーンを撮影するカメラマンとして活躍。有名ブランドから委託される撮影も数多くこなしてきた。

常々、ワグナー氏は有名アウトドアブランドのマーケティングに対して違和感を持っていた。それというのも、ブランドは登山をするような本格的な「アウトドア通の人」に対する商品を開発したり、ブランドメッセージばかり発信していたからだ。

週末にビーチでキャンプしたい、スケート場で寝泊まりしたい、自転車で日帰りの旅をしたい、そんな「ちょっとアウトドアを楽しみたい普通の人」という顧客を取り逃しているように感じたのだ。

 

adv_118_4_1024x1024

https://www.polerstuff.com/collections/adventures/products/adventure-118

ワグナー氏はここに大きなチャンスがあると感じ、ブランド設立を決心した。

アウトドア通の人に比べてポーラーの顧客層の「ちょっとアウトドアを楽しみたい普通の人」は膨大な人口ボリュームがあった。結果として、ポーラーは多くの人に支持されるブランドへと成長したのだ。

「ちょっとアウトドアを楽しみたい普通の人」向けの商品開発

ポーラーはテント、バックパックの様なアウトドアグッズだけでなくカジュアルな服、街で使えるリュックなど「ちょっとアウトドアを楽しみたい普通の人」向けのユニークな商品開発をしている。

 

napsackbannerforweb1 (1)

https://www.polerstuff.com/collections/napsack

寝られる、歩ける、手が出る寝袋150ドル(約16000円)

 

FA_16_LIFESTYLE_6_tombender_1024x1024 (1)

https://www.polerstuff.com/collections/napsack/products/the-reversible-napsack-furry-green-camo

ポーラーらしい商品の1つ。寒い時にはサッとこの寝袋で寝られる上に、ちょっと起き上がって歩きたい時にも寝袋を着たまま歩き回ることができる。

 

rollallblack_1024x1024 (1)

https://www.polerstuff.com/collections/bags/products/classic-rolltop

ロールトップリュック47.95ドル(約5000円)

28リットル収納でこの価格。有名ブランドに比べると半分もしくは3分の1の価格だ。ポーラーはアウトドアチックでありながら日常生活でも気軽に使えるリュックを多めに揃えている。「ちょっとアウトドアを楽しみたい普通の人」に確実にウケる商品ばかりだ。

 

Adventure_123_18_1024x1024

https://www.polerstuff.com/collections/adventures/products/adventure-123

1人向けテント149.95ドル(約16000円)

このテントは一瞬で組み立てられるのでバイクツーリングや釣り、出先で休憩、宿泊したい時に便利。

 

ポーラーなら気軽にアウトドアを楽しめるというイメージを伝える

ポーラーは自社ターゲットとなる「ちょっとアウトドアを楽しみたい普通の人」に対してSNSやECサイトを通じて「アウトドアを身近に楽しもう」というメッセージ性のある写真を発信している。これにより、ポーラーの商品を使うと気軽に楽しくアウトドアができるというイメージを顧客に与えることに成功している。

 

ADVENTURES Poler Stuff

https://www.polerstuff.com/collections/adventures

Adventuresという写真集がポーラーのECサイト上に掲載されている。サーフィン、スケートボード、バイクツーリング、ハイキングなどのアクティビティにポーラーのリュックやテントを持っていきアウトドアも楽しもうというメッセージ性ある写真集だ。

Adventuresの一番最初の写真集「Riding Motorbikes And Camping On MT.HOOD OR」を一例としてご紹介する。この写真集ではバイクツーリングとキャンプの様子を紹介している。

 

PS_01b_Lgr_2_1024x1024

Adventure #1

ツーリングバイクにポーラーのテントを積んでいる。

 

PS_02_Lgr_7978515_1024x1024

https://www.polerstuff.com/collections/adventures/products/adventure-1a

ズラッと並んだツーリングバイク。

 

PS_04_Lgr_6322963_1024x1024

Adventure #1

ポーラーのバッグ。

 

PS_17_Lgr_2_1024x1024

Adventure #1

ポーラーのテントで宿泊する。

 

PS_20_Lgr_1024x1024

https://www.polerstuff.com/collections/adventures/products/adventure-1a

ツーリングの合間にアウトドアを楽しむ風景。現在、写真集は133集ECサイト上に掲載されている。アウトドアをより身近な存在にするブランドのポーラーというイメージを見ている人に与えるに違いない。

 

Instagramの活用

 

a

https://www.instagram.com/polerstuff/

ポーラーのInstagramのフォロワー数はなんと40万人以上。既存の有名ブランドでもないポーラーがここまでのフォロワー数を獲得できた理由はひとえに写真コンテンツの質の高さだろう。

ポーラーやInstagramのインフルエンサーによる、ついキャンプに行きたくなる、そんなオリジナルコンテンツの数々が投稿されている。ポーラーの商品の写真もバランスよく投稿されている。

ポーラーがアウトドアというレッドオーシャン市場で成功できた理由。それは、既存のアウトドアブランドがターゲットにしていなかった「ちょっとアウトドアを楽しみたい普通の人」という人口ボリュームの大きい顧客層を開拓したこと。そして、その顧客層に対してECサイト、SNS上の写真コンテンツでポーラーなら気軽にアウトドアを楽しめるというイメージを伝えたことに集約されるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TOPへ戻る