マーケティング

2017.07.31

Instagramに続いてAmazon.comが参入:インフルエンサーを活用したSNSダイレクトコマースは成功するか?

mobile-1999918_1280

今もユーザー数を拡大し続けているInstagramが、2016年に「Shop Now」機能の試験運用を発表。2017年にはAmazon.comも同様のサービスをリリースした。このタイミングでSNSショッピング機能が追加されたことは、ECにおいてますますインフルエンサーの存在感が高まりつつあることを示唆していると言えるだろう。

Instagramによる「Shop Now」ボタン

Instagramのオーガニック投稿に「Shop Now」ボタンを設置できるようになれば、Instagramの世界観を損なうことなく、継ぎ目のない、より気軽なショッピングが可能となり、快適なショッピング体験が実現することになるだろう。高いエンゲージメント率で知られ、女性ユーザの多いInstagramだけに、従来にはなかった流入が見込めるはずだ。

KateSpade-1KateSpade-2
Instagramが「Shop Now」ボタンのテスト運用を開始 - newsroom

「Shop Now」ボタンの使い方は以下の通り。

・写真左下にある「TAP TO VIEW PRODUCTS」ボタンをタップ。
・投稿に準備された商品タグが価格とともに表示される。

KateSpade-3KateSpade-4
同上 - newsroom

・商品タグをタップして、商品詳細ページを表示させる。
・価格横の「Shop Now」ボタンをタップ。
・公式サイトに遷移し、そのまま商品購入へ。

一投稿に仕込むことができる商品タグは最大で5つまで。また、現在のところ、このサービスを利用できるのはアメリカ合衆国のECのみ(英語のアカウント、ビジネスプロフィールが条件)。取り扱っているアイテムも、アパレルや宝飾品・ビューティー関連商品のみと限定的だ。

Instagramの「Buy Now」の成功の鍵を握るのはインフルエンサーの存在

SNSでのショッピングが可能となるのは、これが初めてではない。2015年ごろから盛んに導入され始めたものの、FacebookもTwitterも、思うような効果を得られず、すでにサービスを廃止している。SNS上ではユーザは商品を購入しないという定説ができつつあるなか、Instagramの「Buy Now」ボタンが登場したことになるわけだが、購入プロセスの単純化やボタンの見やすさなど、従来のサービスと比べて改善はされているものの、どれほどの流入像が見込めるかは未知数だ。

スクリーンショット 2017-07-20 8.51.10
インフルエンサーオススメのアイテムをダイレクトに購入できる - Amee+

この「Buy Now」ボタンの成功の鍵を握るのはインフルエンサー・マーケティングだろう。質の高いビジュアルを武器に、コミュニティ内で影響力をもつ人々が、商品に付加価値を帯びさせることができれば、Instagramと「Buy Now」ボタンは、従来のSNSでは実現できなかった相性の良さを発揮できるかもしれない。実際、Instagramのプロフィール画面に記載されたURLから関連投稿を一覧できるウェブページへと遷移させ、そのまま商品を購入できる「AMEE+」のようなサービスも登場しているなど、インフルエンサーとSNSダイレクトコマースをめぐる動きが活発になってきている。

Amazonによる新サービス「Spark」

スクリーンショット 2017-07-20 9.04.34
購入ボタンによる商品の購入のほか、投稿者とのやりとりも可能 - Amazon.com: Spark

SNSダイレクトコマースの真打とも言えそうな存在が、2017年の7月18日にAmazon.comがリリースした「Spark」だ。これはAmazon Primeの会員を対象としたもので、購入した商品画像を共有できるという、SNS的な側面を持ち合わせているのが特徴。フィード投稿された写真を見て、商品を気に入れば、ショッピングバッグのアイコンをタップすればその場で購入できるというものだ。

スクリーンショット 2017-07-20 9.05.08
選択したカテゴリーに応じたフィードが配信される- Amazon.com: Spark

「Spark」に参加するには、モバイルアプリをが必要で、「Women’s Fashion」「Fashion Accessories」「Beauty & Grooming」などのカテゴリーの中から、関心のあるものを5つ以上選択すると、カスタマイズされたフィードが配信される。

スクリーンショット 2017-07-20 9.05.57
- Amazon.com: Spark

質の良い投稿をするユーザは「エンスージアスト」として優遇され、スマイルボタンやフォロー、コメント機能も用意されている。Amazon.comの膨大な商品ラインナップを背景として、従来のSNSとは違う、インフルエンサーの活躍が期待できそうだ。なお、「Spark」ではプライム会員でなくともフィードの閲覧が可能。ただし、現在のところ、利用できるのはアメリカ国内だけとなっている。

再燃しつつあるインフルエンサーを活用したSNSダイレクトコマースが、アパレルECにおいてどこまで大きな流れを作るのか、注目したいところだ。

Instagram Newsroom

Instagramでのショッピングをよりシームレスにするため、複数パートナーと共にテスト運用を開始

Amee+

https://ameeplus.com/

Amazon.com: Spark

https://www.amazon.com/Spark/b?ie=UTF8&node=16907772011

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TOPへ戻る