マーケティング

2018.01.29

ECコンサルティング業者の上手な活用方法

rawpixel-com-252130 (1)
ECを運営している事業者が、目標を達成できずに悩んでいるというケースは少なくない。多くの場合、課題の解決方法はもちろん、問題の所在さえつかめておらず、何が原因で売上が向上しないのか、客数が増えないのかが的確に理解できていない。ECを運営するそれら事業者が抱える課題を発見・解決するために、分析・助言を専門に行うECコンサルティング会社の上手な活用方法について解説する。

ECコンサルティング会社を利用するメリットとは?

ECコンサルティング会社を利用することの最大のメリットは、外部の視点を取り入れることで、内部にいては気がつかない、あるいは気がついても言い出しにくい課題を発見できることにある。どの業界にも言えることだが、業界内の常識や企業の慣習など、内部に浸透している常識によってバイアスがかかり、運営上の課題になんとなく気がついていたとしても、それを直視できていなことが少なくない。内部のルールに束縛されないECコンサルティング会社の利用によって、フラットな視点、シンプルなロジックが作用することで、問題の所在や課題の解決方法が明らかになるというわけだ。

また、比較的コストを抑えられる点もECコンサルティング会社を利用するメリットの一つだ。社内で専門家を雇用・育成するとなると、多額の人件費が必要となる。ECサイトを運営する上での課題は、一朝一夕で解決するものばかりではなく、実際に解決し、売上に反映されるまでに長い時間がかかるケースが多い。さらに、課題ごとに専門的な知識やスキルが求められるため、社内の担当者が一人ないしは少人数であらゆる課題に対応するのは難しい。そこでECコンサルティング会社を利用すれば、幅広い課題に対して解決のための施策を打つことができ、しかも変動費で対応可能となる。

ECコンサルティング会社をどう活用すればよいか

ECコンサルティング会社を上手に活用するには、なすべきことをなすべき順序で、なすべき時になすのを助ける存在として位置づけるのがよいだろう。相談相手と言い換えてもよい。提案された施策を推し進める場合、定期的にECコンサルティング会社との経過報告や相談を重ねながら、成果を導き出していく。施策を実行し、その結果をECコンサルティング会社に速やかに報告。見つかった新たな課題を改善するというPDCAサイクルをECコンサルティング会社とともに回し、設定された事業目標の達成を目指していくというイメージだ。

デザイン制作や受注処理、物流の管理など、ECを運営するにはさまざまな領域を的確にカバーする必要がある。ECコンサルティング会社が独創的・画期的な考えによってECの運営を飛躍的に向上させてくれるケースはきわめて稀だ。むしろ、マーケティングに関する幅広い知識によって、SEO対策や販促の企画、UIデザインやコピーの変更など、それぞれECが抱える課題に応じて施策の重要度や優先順位について外部目線で助言をくれる、ビジネスの並走者として活用するのが理想的だろう。

最後に

ECコンサルティング会社と一口に言ってもさまざまだ。ECシステムに詳しい会社もあれば、業務フローの効率化が得意な会社もある。まずは自社ECのニーズにあった会社を見つけることが大切だが、より問題の所在や課題の解決を早めるためには、当該業界に精通したECコンサルティング会社を選びたいところだ。業界独自のマーケティングのあり方など、ECコンサルティング会社がこれまでに培ってきた知見をフルに活用することができるからだ。ぜひ、最適なECコンサルティング会社と健全なパートナーシップを築き、よりよいEC運営に役立てて欲しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TOPへ戻る