CASE STUDY

CASE02

coincidence
coincidence
coincidence

世界中から買い付けたコスチュームジュエリーが常時1000アイテム以上そろう、アクセサリー専門のセレクトショップ。

  • BRAND BUILDER
  • BIZ NAVIGATOR
  • EC BRANDING
  • PHOTO MODE
  • AD PLANNER
  • BASE CONTROL
CREDIT・CLIENT
制作スタッフ

アートディレクション:高田博之
デザイン:佐藤 亮介
プロデュース:高田博之
コンサルティング:高田博之
カメラマン:井山 敬博

PROJECT
担当業務

サイト構築(デザイン、システム)、コンセプトワーク、集客プロモーション、商品撮影、WEB解析、ECコンサルティング

POINT01

雑誌連動コンテンツ

雑誌掲載紙面と関連商品を紹介するコーナーを展開。
カタログ通販のようなコンテンツ展開をすることで購入率アップとサイトのブランディングにつながっています。

雑誌連動コンテンツ

POINT02

フォトカテゴリ表示

カテゴリのナビゲーションにカテゴリ名称だけでなく、実際の販売商品の写真を使用することで、ユーザビリティーの向上を図っています。
また、カテゴリ商品写真にサイトのメイン商材や一押し商品をピックアップすることで、ユーザーに印象づけたい一押しの商品を自然な形で訴求することができています。

フォトカテゴリ表示

POINT03

メールマガジン購読訴求

サイトを初めて訪問したユーザーに対し、ファーストビューにてメールマガジンの購読を勧めるポップアップウインドウを自動表示。
収益に直結するメールマガジンの購読率を飛躍的に高めています。

メールマガジン購読訴求

POINT04

展示バリエーション

多商品展開のECサイトの場合、ユーザーに提案するための展示バリエーションを多くすることが重要になります。
同ECサイトでは、一般的な商品カテゴリ展示に加え、生産地やデザイナー、プレゼントの目的などからも商品を探せるようにすることで提案バリエーションを増やし、ユーザーと商品のマッチング率を高めています。

展示バリエーション

POINT05

WEB解析ツール “Google Analytics” eコマースに対応

アクセス数や直帰率、コンバージョン率などの基本的な分析はもちろんのこと、収益分析、ページ解析、広告効果分析、LP分析が可能。
売上を構成する指標を定点観測することで、サイトを見える化。サイトの弱点、強み、改善ポイントを浮き彫りにします。

WEB解析ツール “Google Analytics” eコマースに対応
TOPへ戻る